国立大学法人横浜国立大学

【国際交流基金】支援学生から感謝のメッセージ

Y60奨学金事業

ショートビジット奨学金

経済学部 経済学科1年

私はこの度、エディンバラ・サマースクールに参加するにあたって、Y60という奨学金をいただくことになりました。まず、この場をお借りして、基金にご寄附くださった皆様に御礼申し上げます。

奨学金は一言で申し上げますと私の可能性を広げてくれた、と言えるでしょう。一回の夏休みで、大学の派遣プログラムを通してイギリス・中国に行くことになった私は、全ての費用を両親に支払ってもらっていました。一回でも、どんな少額であっても、奨学金を受給する機会があれば、また海外に行こうと思えますし、両親も海外渡航を前向きに捉えてくれます。

また、私は週に5回部活をしており、アルバイトでお金をあまり稼ぐことができない身ですので、奨学金は大変ありがたい存在でした。奨学金は、家計に苦しんでいる人のみならず、全ての学生の勉学意欲を高めるものであると確信しています。これからも変わらぬご支援よろしくお願いいたします。


国際学術交流奨励事業

私費外国人留学生奨学金

国際社会科学府 博士課程後期2年

私は、横浜国立大学国際学術交流奨励事業私費外国人留学生奨学金をいただいております。

現在、母国の両親からの送金を望むことはできないため、アルバイトをして授業料と日本での留学生活に必要な費用を補っています。

しかし、今年度、博士課程後期二年生になってから、大学の授業以外に、学術学会への参加と発表、論文の投稿、研究テーマに関わる現場での取材などの研究活動により集中するようになったため、アルバイトに割くことができる時間はあまり多くありません。このような状況で、奨学金をいただくことができ、非常に助かっています。

一人前の研究者になるために、毎日頑張っています。お蔭様で、研究に専念することができまして、心から感謝しております。

国際会議等出席・海外調査研究等

環境情報学府 博士課程後期3年

様々な国々から研究者が集まる国際学会において、数多くの研究に触れ、また研究者と直接ディスカッションができたことは、大変貴重な経験となりました。

現在国際的に注目されている研究テーマはもとより、それぞれの国・地域により異なる文化、背景、重視するテーマを学ぶことができました。同時に、異なる文化や視点がありながらも、共通する問題点、課題点を見出すこともでき、国際協調の重要性を感じました。自らの研究についても、やはり多くの方とディスカッションをすることができました。

研究テーマ、研究方法、研究協力について様々な国の様々な研究者とアイディアを話し合えた得難い機会となりました。

国際学会ならではの多様な視点を得られたことは大きな収穫であり、今後研究をすすめるにあたって非常に貴重かつ有益な知識と経験を得られたと感じています。

国際交流を推進する事業

交換留学(受入れ)奨学金事業

カイロ大学

Studying in Japan or in a Japanese University was really a dream come true for me, Cause unlike any other countries where students get to choose whatever country they want to study in and simply travel, Egypt is not the same, simply because of our different curriculums and also the living expense.

In Egypt living expense is very low compared to other countries around the world

whether food, rent or even tuition fees in any University, So trying to study abroad isn’t really that easy thing.


When I knew about the Joy program and how it includes different and various Business courses that is related and very beneficial to my field I insisted to try and apply, the only problem was when I knew that there was no scholarship from the Japanese government the year I applied.

However I received a surprising email that I keep a copy from till now mentioning that the school is providing another type of scholarship and I will receive it which was YNU student Exchange support program, That was one of the happiest news I ever got cause simply I will get the chance not only to travel and see Japan but also study in one of the best universities there.

I didn’t understand the Value of the Stipend and the scholarship at first cause I didn’t understand the currency different, But when I travelled and got used to the expenses in Yokohama I found out that the stipend is actually very enough, I used it to cover Rent, electricity bills, Transportation, food and even some utilities So it was enough for my expenses every month.

Getting the chance to study in Yokohama national university was something else, The courses included in the Joy program was very good and I really loved attending my lectures, The fact that there are lots of international students with me from all over the world was really nice and created a really friendly environment as we got the chance to explore not just Yokohama but Japan together.

Also the teachers are very friendly and they speak very good English I didn’t face any problems though I don’t speak any Japanese. All the courses I attended were tough in English so it was very easy for me to follow up and even get very high grads also I got the chance to study Japanese Language which was awesome.

I absolutely loved the language I wasn’t the only one who didn’t speak any Japanese so there were others in the beginner class which was really nice.

I also got the chance to know the Japanese Culture which was fascinating, Meet new people and get to know how friendly, helpful and very nice Japanese are. Yokohama ‘YNU and the Dormitory location’ is very nice as it’s away from Tokyo’s busy life yet not too far away so we got the chance to go to Tokyo whenever we wanted it was a lovely neighbourhood. I got the chance to visit other cities in Japan like Kyoto, Osaka, and Nara which are very beautiful however Yokohama still have a special place in My heart. Now all I can say is that I wish I can visit Japan and YNU specially one day.

交換留学(派遣)奨学金事業ーサンディエゴ州立大学ー

経済学部 3年

学部3年時から1年間、アメリカへ交換留学に行った際に交換留学派遣生奨学金をいただきました。

交換留学では学費を派遣先大学に払う必要がないものの、その他の費用は掛かるため経済面では不安な部分がありました。

また、私が留学したサンディエゴはアメリカでも物価の高い地域であったため、食費や生活費などの負担は他の地域への留学に比べて大きくなってしまいました。


交換留学派遣生奨学金をいただいたことでこうした生活費の一部をまかなうことができ、また休日や長期休暇を利用して観光に出かけることもできました。

大学での授業はもちろんですが、様々な場所へ観光に行って知識を増やし視野を広げられたことや、留学先でできた友人たちと様々な経験をできたことも留学の大きな成果であると感じています。

交換留学派遣生奨学金を通してこうした自分の人生にとってとても貴重な経験を積むことをサポートしていただけて大変助かりました。




交換留学(派遣)奨学金事業ーイーストアングリア大学ー

経済学部 国際経済学科 3年

横浜国立大学基金の援助を受けて、1年間イギリスに留学しました。留学先では、言語・経済を学び、ディスカッションが多い授業を通して積極的に学ぶ姿勢を身に着けました。

授業では日本にいては知る事のできない新しい視点に出会い、大変興味深かったです。課外活動としては、ダンス部に所属し、メンバーと共にロンドン大会に出場するなど、現地の大学生と同じ生活が送れる


交換留学ならではの経験をしました。また、学内の寮で現地学生5人と共に暮らした事が私を最も成長させたと感じます。コミュニケーションを取るのが怖かった時もありましたが、私をただの’留学生’ではなく’一人の人間’として認めて関わってくれたフラットメイト達のおかげで、自分に自信を持ち、ランゲージバリアを乗り越える事ができました。

留学を通して、完璧に思う通りにはならない環境を経験した事で、積極的な行動力と、人との関係構築の大切さを再確認し、自らの成長に繋げる事ができました。




交換留学(派遣)奨学金事業ーグラナダ大学ー

教育人間学部 4年

横浜国立大学基金の御支援を受け、大学4年次にスペイン国立グラナダ大学へ11か月間の交換留学を経験しました。派遣先大学では、スペイン語・英語・スペイン会計学の勉強に励む一方、日常生活においては、世界各国から集まった10人のフラットメートらと毎日刺激的で笑顔の絶えない日々を送っておりました。

留学開始当初は語学の壁や文化・価値観の相違に頭を悩ませることもありましたが、まわりの方々に支えられながらそれらを克服できた経験は、今後の人生にとって大きな自信になったと強く感じております。

帰国した現在は卒業論文の作成に取り組む傍ら、就職先の監査法人にて、公認会計士試験合格者として学生非常勤勤務をさせていただいております。


今後は本留学経験等を糧にしながら、グローバルに活躍できる公認会計士を目指して精進していきたいと思います。かけがえのない貴重な海外留学生活を支えてくださった本基金には、心からの感謝の気持ちでいっぱいです。