1. HOME
  2. プロジェクト一覧
  3. ダイバーシティ&インクルージョン

YNUダイバーシティ&インクルージョンプロジェクト

main image

YNUダイバーシティ&インクルージョンPJ

違いを認め合い、違いを活かす教育・研究の拠点を目指して
 

年齢、性別、人種、障がいや疾病等の有無、性的指向などにかかわらず、誰もが学びやすい・働きやすいキャンパスの創造に向けて、キャンパス内のハード・ソフト両面の環境整備と多様性尊重の意識啓発の推進を行うプロジェクトです。

私たちはこのキャンパスで、新たな価値とイノベーション創出の源泉となる多様な他者と協働・共生する力とセンスを身につけていきます。

目標額と基金活用プラン

本基金の目標額は、300万円/年です。

目標額の活用としては、下記を予定しております。
女性のための支援 100万円/年 弱視のための照明増設 100万円/年 オールジェンダー対応トイレの推進 100万円/年

プロジェクトの概要

横浜国立大学は「ダイバーシティ推進宣言」のもと、様々な相違を個性として尊重し、その多様性を活かせるよう取り組みを企画・実施しています。

 

このプロジェクトでは、年齢、性別、人種、障がいや疾病等の有無、性的指向などにかかわらず、誰もが学びやすい・働きやすいキャンパスの創造に向けて、横浜国立大学基金の枠組みを活用させていただき、以下のような取り組みを実施します。



 

① 誰もが学びやすい・働きやすいキャンパスのための環境整備事業

車いすの学生がスムーズに移動するためのスロープやエレベーター、視覚障害の学生のための夜間照明や視覚ガイド、「みんなのトイレ」の設置に加え、現在不足している女性用トイレの増設や更衣室の設置を通じて、すべての学生・教職員が学びやすいキャンパスに向けた環境整備を行います。
トイレのユニバーサルマーク_トリミング.png
「みんなのトイレ」設置
トイレのユニバーサルマーク2.jpg
 

 

② 障がいや性的マイノリティーなどの学生サポート事業

障がいのある学生が障がいのない学生と同様に授業を受けるためには、例えば聴覚障がいのある学生のために、講義の内容をPCで入力し同時通訳する「キャンパス・サポーター」が必要です。このように、障がいのある学生や性的マイノリティーなど、就学においてさまざまな支援が必要な学生のためにサポート事業を行います。
障がいや性的マイノリティーなどの学生サポート事業2.png
キャンパスサポーターによる支援の様子
障がいや性的マイノリティーなどの学生サポート事業.jpg
 


③ 理解啓発事業

教育研究機関として多様性を尊重・歓迎することが組織のパフォーマンスをより高めることを理解し実践するため、教職員や学生に向けて啓発事業を展開します。育児・介護・疾病を含めたライフイベントとの両立ができる教育研究機関を目指します。
障がいや性的マイノリティーなどの学生サポート事業3.jpg
理解啓発事業の一環

 

申し込み方法

1口 1万円より下記方法にてお申込みいただけます。

① クレジットカードからの払込み
 このページ右、もしくは一番下にある「このプロジェクトに寄附をする」ボタンより
 お申込みいただけます。

② 払込用紙での払込み
 下記までお問い合わせください。


 

寄附のお申込み先・お問い合わせ先
横浜国立大学 卒業生・基金室
〒240-8501 横浜市保土ケ谷区常盤台79-1
TEL:045-339-4443
FAX:045-339-3034
email:ynu.kikin@ynu.ac.jp
※お電話によるお問い合わせ:平日(月~金)9:00~17:00

税制上の優遇措置

本基金へのご寄附は所得控除の対象となります。

税制上の優遇措置についての詳細
 

このプロジェクトに寄附をする

YNUダイバーシティ&インクルージョンプロジェクトへのご寄附受付しております。
 

このプロジェクトに寄附をする

ご寄附くださった方からの応援メッセージです。

このプロジェクトに寄附をする

owner image

プロジェクトオーナー

横浜国立大学
副学長(ダイバーシティ担当)
泉 真由子

寄附の特典

privilege image10

YNUダイバーシティ&インクルージョンプロジェクトにご寄附頂いた皆さまに感謝の気持ちを込めて、金額によって様々な謝意を用意しております。

詳細は「寄附者特典」をご覧ください

このプロジェクトに寄附する