1. HOME
  2. プロジェクト一覧
  3. 横浜国立大学基金

横浜国立大学基金

main image

横浜国立大学基金へのご寄附のお願い

本学の大学憲章に掲げる、実践性、先進性、開放性、国際性をより高め、教育・研究環境の向上及び社会貢献活動の推進を支援します。

皆さまお一人お一人のご寄附が、次世代の学びと挑戦を支え、横国の未来をつくります。

ぜひあたたかなご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
 

 

横浜国立大学憲章.jpg


 

寄せられた寄附金は、上述の目的を達成するために活用させていただきますが、その使途を大学にお任せいただける方は、こちらの基金にご寄附下さい。
使途を学生修学支援や国際交流等に特定して支援をお考えの場合は、それぞれ対象の基金にご寄附をお願いいたします。
 

実施事業例

上記目的を達成するため、以下のような事業を実施しています。

 

 若手研究者支援(査読付国際ジャーナル論文投稿支援事業)
本学に所属しているすべての常勤教員(特任教員含む)のうち2022年4月1日時点で45歳以下の教員が対象で、影響度の高い国際学術ジャーナルへの投稿論文のオープンアクセス(OA)化の推進と、研究キャリアの初期段階にある研究者による影響度の高い国際ジャーナルへの論文投稿について論文投稿・掲載に際して出版元へ支払う経費を支援。

 T.I.M.E. Associationによるダブルディグリーにおける奨学金事業 

T.I.M.E. Associationは、ヨーロッパの世界トップレベル大学を中心に組織される工学分野の大学院ダブルディグリープログラムに関する枠組みであり、本学は2018年より正式に加盟しています。本学と協定校の合意のもとで準備された一連のカリキュラムを修了すると、両校から同時に学位を取得することできます。

当奨学金支援事業ではプログラムに参加する学生の渡航費及び滞在費の支援を行います。

 

DSC_3136_.jpg
 

T.I.M.E. Associationに関してはT.I.M.E.Associationのサイト(英語)をご覧ください。


 課外活動支援 
学生生活を彩るサークル活動、部活動の支援を行います。

野球部.jpg
 
ヨット部高橋さん_写真③.jpg
 
 学部・学科支援 
特定の学部・学科の支援を行います。

 

 施設・設備の充実化 
キャンパスの整備を行い、学生・研究者が教育・研究活動に集中できる環境を整備します。また誰もが利用しやすいキャンパスにするべく、施設のバリアフリー化を推進する為に支援します。

 

*支給学生から感謝のメッセージは「学生・教職員からの感謝の声」に届いています

税制上の優遇措置

本基金へのご寄附は所得控除の対象となります。

税制上の優遇措置についての詳細
 

このプロジェクトに寄附をする

2021年度活動報告

皆さまから賜りましたご寄附で2021年はこのような支援を行いました。

 

 若手研究者(オープンアクセス等論文投稿料支援)

・支援内容:23件

 *一人20万円を上限に支援

 

ito_fig3.jpg
      大学院工学研究院 伊藤傑准教授の投稿論文

 

 

 課外活動支援 

・ヨット部:新規ヨット購入

・バレー部:備品購入等

・アメフト部:備品購入等 

              など
 

r_660AB8BF-46F8-4EE4-BC02-74FB19FBF8B6.jpg
 

支援を受けた学生からの感謝のメッセージ

体育会ヨット部における、安全の要であるレスキュー艇、ヨットの購入をはじめとする日頃からの多大なるご支援に部員を代表して厚く御礼申し上げます。コロナ禍という前代未聞の事態で新しい体育会の在り方について問われた1年ではありましたが、目標を見失わず、部員一丸となって試行錯誤しながら活動した結果、7年ぶりに団体戦での全日本学生選手権出場を達成することが出来ました。創部70周年という記念すべき年に悲願が達成できたこと、そして、応援してくださった皆様の期待に応えられたことに最高の喜びを感じました。苦楽を共にした仲間たちと目標に向けて走り抜けた日々は私にとってかけがえのない宝物であり、この4年間に大きな誇りをもっています。このような貴重な経験が出来たのも、皆様のご支援があったからこそです。本当にありがとうございました。どうかこれからも変わらぬ、ご支援とご声援をよろしくお願いいたします。それが必ず大きな力となります。(ヨット部一同)

 

この他の感謝のメッセージは、「学生・教職員からの感謝の声」をご覧ください。
 

 

このプロジェクトに寄附をする

ご寄附くださった方からの応援メッセージです。
  • 髙橋 瑛 2023年01月20日 50,000円

    中学四年の時海軍兵学校に入学
    朝夕音読しました
    「五省」
    一、至誠に悖るなかりしか
    一、言行に恥づるなかりしか
    一、気力に欠くるなかりしか
    一、努力に憾みなかりしか
    一、不精に亙るなかりしか

  • 藤野 陽三 2022年12月08日 100,000円

    応援しています

  • ******** 2022年12月04日 ********円

    少額ではありますが、卒業生として多少なりとも、在校生のために貢献できることをうれしく思います。

  • 古賀 道明 2022年10月05日 10,000円

    体育会ヨット部を応援しています。全日本優勝を目指して頑張って欲しい。

  • 近藤 裕幸 2022年10月03日 ********円

    海外の大学、海外留学生との交流を活発にし、地域にも開かれた大学を目指してください。

  • 東 重喜 2022年10月03日 100,000円

    今、そこに目の前にいる人を大切に笑顔を絶やさず楽しい学生生活を過ごされてください。

  • 山名 秀和 2022年06月22日 30,000円

    体育会アメリカンフットボール部の運営費として支援致します。他大学と比較して厳しい環境下に置かれていると思いますが、少しでも助けになればと思っております。

  • 有田 正司 2022年06月14日 100,000円

    母校の発展に少しでもお役に立たれば幸いです。

  • 横川 翔馬 2022年04月17日 500,000円

    アメフト部、及び体育会学生の活動支援のため

  • 八野 耕治 2022年03月23日 10,000円

    ささやかですがお役に立てればと思います。

このプロジェクトに寄附をする

owner image

プロジェクトオーナー

横浜国立大学
学長
梅原 出

今年度の寄附受付総額

14,263,224円


今年度の寄附件数

317件

寄附の特典

privilege image10

金額をご自身で指定される場合は、その金額に応じて特典のご用意がございます。
詳細は、「寄附者特典」をご覧ください。

このプロジェクトに寄附する

10,000円までの寄附特典

privilege image11

ご寄附に対してお礼状をお送りいたします。

 

この金額で寄附する

10,000円以上の寄附特典

privilege image12

ご寄附に対してお礼状をお送りいたします。
そのほか、1万円以上5万円未満のご寄附お申し込みの方には「寄附者特典(YNUグッズ)」のうちA群より1つYNUグッズをお選びいただけます。(写真は一例です)

この金額で寄附する

50,000円以上の寄附特典

privilege image13

ご寄附に対してお礼状をお送りいたします。
そのほか、5万円以上10万円未満のご寄附お申し込みの方には「寄附者特典(YNUグッズ)」のうちA~B群より1つYNUグッズをお選びいただけます。(写真は一例です)

この金額で寄附する

10万円以上の寄附特典

privilege image14

ご寄附に対してお礼状をお送りいたします。
そのほか、10万円以上のご寄附お申し込みの方には「寄附者特典(YNUグッズ)」のうちA群より1つYNUグッズをお選びいただけます。なお、20万円以上ご寄附のお申し込みの方については、A~C群より2点YNUグッズをお選びいただけます。(写真は一例です)
また、お申込額により附属図書館利用カード、感謝状の贈呈等の特典もございます。詳しくは、「寄附者特典」をご覧ください。

この金額で寄附する